03-3593-1721 | お問い合わせ

IoT導入事例 UPR-IoTによるIoT実現事例

IoT導入により以下のビジネス効果が期待できます。


<導入事例インデックス>

<活用事例インデックス>







 
    

導入事例1:【中央運輸株式会社様】医薬品輸送における位置・温度トレーサビリティ

(課題)

温度管理に厳格な医薬品の輸送を高いレベルで実現したかった。

(要素技術・役割分担)

  • デバイス:温度・湿度・GPS情報を取得、携帯電話ネットワークでデータをサーバに送信
  • ネットワーク:携帯電話ネットワーク(3G)
  • クラウド:ユーピーアールのパッケージASP「なんついWEB」

(ユーピーアール選定ポイント)

  • GDP(医薬品の物流に関する基準)に対応するため、厳格な温度管理を行いたかった
  • 不特定多数のトラックに入れ替わりで機器を設置するため、デジタコのような据付型ではなくモバイル型のものを求めていた
  • 複数の営業所のデータを現地ではなく本社一括管理する必要があった

(導入の効果)

      
  • 医薬品輸送中の温度・位置情報をリアルタイムで把握できるため、異常時の初動対応が迅速に行えるようになった  
  • 温度管理機器が装備されていない協力会社の車両でも温度管理を行うことができるようになった
  • 品質に厳格なお客様の信頼度が上がった

ページ先頭へ

 
    

導入事例2:【有限会社ピーアンドビー様】携帯電話を利用した修学旅行の位置管理

(課題)

教育旅行(就学旅行)向け携帯レンタルサービスのサービス向上のために位置確認サービスを検討していた

(要素技術・役割分担)

  • デバイス:スマートフォン、ガラケー、ガラホ
  • ネットワーク:各キャリアのネットワーク
  • クラウド:ユーピーアールのパッケージASP「e-Location/EX」

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 多数の顧客にさらに多数の学生がいるため、グループ設定が容易にできるシステムが必要であった
  • ユーピーアールの位置情報パッケージe-Location/EXの使用が先方の運用にマッチしていた
  • ユーピーアールがカスタマイズを容易に実現する体制であったため

(導入の効果)

  • 学校向けアカウントの割り当てやグループ設定が容易にでき、繁忙期の事務作業が軽減した
  • UIが利用しやすく、教員(利用者側)の満足度が上がった
  • 接続デバイス(携帯電話)の管理が容易なつくりになっているため繁忙期、閑散期のボリュームをあわせやすくなった
  • システムのカスタマイズを検討しやすくなったため、顧客の意見を反映しやすくなり、サービスの幅が広がった

ページ先頭へ

 
    

導入事例3:【東海EC株式会社様】太陽光パネルの発電監視における導入事例

(課題)

設置業務やハードウェアの提供を行っている太陽光発電設備に付加価値サービスとして、遠隔監視サービスをおこないと思っていたが、サーバサービスの提供ノウハウが無い

(要素技術・役割分担)

  • デバイス:既設のPCS、東海EC社の基盤、ユーピーアール提供の3Gルーター
  • ネットワーク:携帯電話ネットワーク(3G)
  • クラウド:ユーピーアールのパッケージASP「なんモニ」

(ユーピーアール選定ポイント)

  • ほかの遠隔監視サービスについても豊富な導入実績があり、サービス運用も行っているため
  • ワンストップ型のASPを提供でき、かつ使用している端末がそのまま利用できたため
  • 異常時に直ちにトラブル発生をメールで検知することができるので太陽光発電の稼働率が上がった

(導入の効果)

  • パワコンを東海EC様の基盤を介して遠隔監視ユニットに接続することで、多種類のパワコンの発電状況をリアルタイムで監視することが可能になった
  • 遠隔監視サービスを提供することで、商品の価値があがった

ページ先頭へ

 
    

導入事例4:【株式会社アメロイド日本サービス社様】液体洗浄装置の遠隔監視

(課題)

ユーザーに提供している機器の状態がわからず、メンテナンス情報の蓄積もしづらい

(要素技術・役割分担)

  • デバイス:監視対象設備のシーケンサー、
  • ネットワーク:Ethernet通信および3G(閉域網)
  • クラウド:ユーピーアールの遠隔監視パッケージ「なんモニ」

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 遠隔監視のパッケージシステムを持っており、運用経験も豊富だったため
  • ユーピーアールの技術者が直接ヒヤリングを行い要望にあわせカスタマイズができたため
  • 遠隔監視に必要なデバイスや通信網の紹介などワンストップの提案ができた

(導入の効果)

  • 端末でリアルタイムに閾値判定することで即座にアラート検知ができた
  • 日々データを蓄積させることで故障原因の分析ができるようになった
  • 管理画面に各対応の作業履歴を残せるため、顧客対応の精度があがった

ページ先頭へ

 
    

導入事例5:パレットの位置管理におけるIoT導入事例(物流向け)

(課題)

パレットの紛失管理・入出庫管理・棚卸に多大な労力がかかっていた

(要素技術・役割分担)

  • デバイス:電波が300mも飛ぶアクティブタグと、それを正確にキャッチする高性能のリーダー(受信機)
  • ネットワーク:3G
  • クラウド:Scalenicsにタグ情報を集約およびリーダー経由でタグに書き込み・API経由でアプリケーションで管理

(ユーピーアール選定ポイント)

  • インフラ構築を省略して、アプリケーション開発に専念したかった
  • 大量のパレットの動態管理に対応できるキャパシティが必要だった
  • タグ情報の書き込みに必要な双方向通信をサポートしている

(導入の効果)

  • パレット等の紛失が防止できます。それによりパレット等の補充費用が削減できます
  • パレットの可視化により、適正な在庫管理ができ、稼働率アップが期待できます
  • 人件費、運用コストの適正化・削減できます

ページ先頭へ

導入事例6:ガスボンベにおけるIoT導入事例

(課題)

納品したガスボンベの酸素・窒素等の使用量を把握し、欠品の防止、充填配送の効率化を実現する

(要素技術・役割分担)

  • 定期メール・閾値を超えた場合のアラートメールを送信
  • パソコン・スマホ・タブレット等からWEB上で常時確認OK
  • 携帯電話網の利用により、LAN環境不要&接続即使用可能
  • 高い通信セキュリティ&データ記録管理(2年間)

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 通信デバイス、システム開発に知見のある企業に依頼したかった
  • 導入コストを下げたかったためスクラッチ開発ではなく遠隔監視パッケージシステム(なんモニ)の流用をしたかった

(導入の効果)

  • 欠品を防ぎ、顧客満足の向上を実現できた
  • 広域複数拠点への巡回回数を抑え、コストを大幅に削減きた
  • リアルタイムで利用量を把握し、効率的な充填配送計画と仕入計画を実現できる
  • 過去のデータを活用し、拠点ごとの利用傾向の把握が可能した
ページ先頭へ

導入事例7:コインパーキングにおけるIoT導入事例

(課題)

売上情報の把握と、設備故障を検知することで稼働率低下を防ぎ精算機の不正解除・クルマの乗り捨てに対処する

(要素技術・役割分担)

  • 車室の故障、精算機の異常をメールでお知らせ
  • リアルタイムな空満情報と売上の把握
  • パソコン・スマホ・タブレット等からWEB上で常時確認OK
  • 携帯電話網の利用により、LAN環境不要&接続即使用可能
  • 高い通信セキュリティ&データ記録管理(2年間)

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 通信デバイス、システム開発に知見のある企業に依頼したかった
  • 導入コストを下げたかったためスクラッチ開発ではなく遠隔監視パッケージシステム(なんモニ)の流用をしたかった

(導入の効果)

  • 故障を検知し現場へ直行、顧客満足の低下を防ぐとともに車室稼働率UPを実現できた
  • 売上情報をもとに、近隣駐車場との差別化を実現できた
  • 定期的な巡回回数を抑え、コストを削減
  • 精算機の不正解除・乗り捨てを検知し、素早い対応が可能になった
  • 過去の空満・売上情報から、拠点ごとの稼働傾向の把握が可能にした
ページ先頭へ

導入事例8:特殊温度帯モニタリング時のIoT導入事例

(課題)

特殊な温度帯の温度をモニタリングしたい。通信コストはできるだけ抑えたい

(要素技術・役割分担)

  • bluetooth無線通信機能付きの温度ロガーで庫内の温度情報取得、スマートフォンへデータ送信
  • スマートフォンをゲートウェイとして、クラウド上のIoTプラットフォームでデータ受信
  • スマートフォンSIMは通信キャリアの一般的なSIM
  • 任意のアプリケーションからプラットフォーム上のデータを取得
  • 本件においてはユーピーアールの既存のアプリケーションを流用

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 一体型のマルチセンサーデバイスでは計測しきれない特殊な温度帯に対応するシステムが必要だった
  • 温度センサー側に通信モジュールを内包できないためセンサーと別でモバイルの通信機が必要だった
  • スマートフォンとのインターフェースをもった位置情報・温度表示ができるWEBアプリケーションをユーピーアールが運営していた

(導入の効果)

  • 熱電対の温度ロガーを使用したため、特殊な温度帯のデータ取得ができた
  • 既設のスマートフォンを流用したことで、新たな通信コストの発生を削減できた
  • スマートフォンのGPS機能を利用することで、温度・位置情報のモニタリングができた
  • 温度・位置情報のエビデンスを簡単に取得できるようになった
  • 顧客への信頼度が向上した
ページ先頭へ

導入事例9:ビニルハウスモニタリング用のIoT導入事例

(課題)

冬場にビニルハウスを利用して生産される農作物は、低温に弱いため低温環境にさらされると、ごく短時間で枯死してしまう農作物が多く、温度管理より注意を払うために遠隔監視のシステムを利用したかった

(要素技術・役割分担)

  • ビニルハウス内の温度計や、ボイラー等の端末を接点信号で受信できるゲートウェイ
  • 配線工事が困難な環境のため携帯電話ネットワークを利用
  • 一般的な携帯電話で利用できるように登録したアドレスにメール送信

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 温度だけでなく、ボイラーの停止、落雷による停電等も検知できる
  • パソコン操作が無く、手持ちの携帯電話のみで確認、操作を完結できるシンプルな構成
  • 安価で定額な提供料金による個人農家でも利用できる提供形態

(導入の効果)

  • 作物の栽培過程による事故防止のための無駄な確認が無くなり、監視システムに任せられるようになった
  • それまで検討していたシステムはパソコン操作などがあり、導入に抵抗があったが携帯電話のみの操作のため問題なく利用できている
  • 現地確認をせずに、携帯電話から稼働状況の確認ができるため天候の悪い日く現場出張が危険な日に無理に外出する必要がなくなった
  • 品質管理が容易になった
ページ先頭へ

導入事例10:融雪機の遠隔制御

(課題)

利用先は小児科医院であり、車で来場する患者のために駐車場の凍結事故を解決したかった

(要素技術・役割分担)

  • ボイラーの制御信号を受けられるコントローラー
  • 携帯ネットワークのIP-VPN
  • ユーピーアールのIoTパッケージASP「なんもに」をカスタマイズ利用

(ユーピーアール選定ポイント)

  • 先方の課題から、ユーピーアールが機器選定・システム構築まで相談ができた
  • IoTシステムのパッケージシステムを持っていた
  • 通信契約に縛りが無く、設備導入後は冬場のみの利用も可能

(導入の効果)

  • 管理者の不在の際に降雪による凍結事故を事前に回避できるようになった
  • 停止忘れによるエネルギー浪費が防止できるようになった
  • 現地に行くことなく、出勤前から融雪機を起動することも可能となり、融雪機運用のための稼働が無くなった ページ先頭へ

    導入事例11:地下駐車場水位異常監視

    (課題)

    マンションの地下駐車場において、豪雨等の際、排水能力に応じた膨張板設置(閉鎖)のタイミングをどう掌握するかが課題になっていた

    (要素技術・役割分担)

    • 地下駐車場の排水設備を3か所設置、警戒用のフローとが水位異常検知
    • 異常検知した警報盤が3Gのゲートウェイに信号発信
    • 携帯電話ネットワークを利用しクラウドに情報通知
    • ユーピーアールのIoTパッケージASP「なんもに」をカスタマイズ利用

    (ユーピーアール選定ポイント)

    • 先方の課題から、ユーピーアールが機器選定・システム構築まで相談ができた
    • IoTシステムのパッケージシステムを持っていた
    • IoTシステムの運用実績が豊富であった点を評価していただいた

    (導入の効果)

    • 地下駐車場の排水能力を超えた場合に、管理者に対して水位異常のアラートを出すことで、地下駐車場警戒水位を基準とした防潮板設置(閉鎖)のタイミングの掌握が可能となった
    • 利用者にたいして 水位異常のアラートを出すことで、管理組合から個別連絡することなく、利用者が直接駐車車両の退避判断が可能となった
    • マンション管理組合として、駐車場設備を水害から保全することが可能になった
    • 通常時にも地下駐車場排水ポンプ故障により浸水した場合でも異常を検知できるようになった
      ページ先頭へ

      導入事例12:業務用倉庫における不正侵入監視

      (課題)

      突発的な案件で稼働中の倉庫で保管ができなかったため、警備システムが無く、業務用でも利用していない倉庫で保管しなければならなかった

      (要素技術・役割分担)

      • 非常ドアと搬入用扉に磁石センサーを設置
      • 倉庫内にアナログ接点を取得しインターネットに通知できるユニットとブザーユニットを設置
      • 携帯電話ネットワークで、クラウド上に送信
      • WEBアプリケーションには閾値とメールアドレスの設定だけできるシンプルな画面を提供

      (ユーピーアール選定ポイント)

      • 先方の要望に合わせて、ハードウェア・ネットワーク・ソフトウェアまで全てユーピーアールでご案内できた
      • 突発的な案件であったため極力安価な構成で臨むために、システム構成・アプリケーション設計もできる限りシンプルな構成を提案できた
      • IoTシステムの運用実績が豊富であった点を評価していただいた

      (導入の効果)

      • かなりの短納期に答えて納品できたため、先方の仕事に支障をきたすことなく設置できた
      • 不正侵入用の警報を感知担当者へ知らせる、という顧客要望に応えられた
      • 不正侵入用時にブザーを鳴らして侵入者を威嚇することができた
      • 通信コストのプランを柔軟に設定し、設備もシンプルにしたため最低限のコストで要望を実現できた
        ページ先頭へ

        活用事例1:工場向け工作機械の死活監視

        (課題)

        工場で利用している工作機械の無駄な稼働による電力エネルギー消費により工場設備運用のランニングコストが増大していた

        (要素技術・役割分担)

        • デバイス(センサー):電力ロスが小さく小型で大電流を測定可能かつ、基板搭載タイプとネジ固定タイプ等、工場の設備毎に設置できるな電流センサーを選定
        • デバイス(ゲートウェイ):アナログ入力を無線通信に接続することができ、ユーピーアールの利用するプラットフォームや無線通信の接続実績のあるゲートウェイ
        • ネットワーク:3G・工場のレイアウト変更や配線引き回しが困難な状況を想定して、フレキシブルに対応できる無線通信によるデータ送信で環境を構築 また電流センサーデータの利用するデータ容量は非常に少ないため、基本料が少なく安価に導入できる無線通信のプランを選定
        • クラウド:IoTプラットフォームにて電流センサーデータを無線ネットワークから受け取る クラウド環境にて構築されているパッケージアプリケーションをカスタマイズして導入 実装したアプリケーションでエネルギー発生の時間や部門の分析

        (ユーピーアール選定ポイント)

        • 導入に際して既存のデバイスの無線通信への接続方法から工場の運用にあったアプリケーション構築までの相談・提案が可能であるため工場内でデジタル化されていない工作機械に対するIoT導入の相談を受けることができた またIoT導入を検討したことが無いお客様に対して1から検討の相談にのることができた
        • 自社でセンサー情報を無線通信で接続しやすいIoTプラットフォームを運営しているため、また工場設備に強いデバイスパートナーとの協業が可能であるためインフラ構築の工数が低減され、結果的に一般的なIoT導入より安価に導入することができた またスモールスタートのIoT導入が安定した際に工場内の他のエネルギー消費や、環境計測、設備監視等についても同一のプラットフォームで運用を拡大していくことができた
        • メーカー及びロジスティクス向けの提案実績が豊富であるため現地からのヒヤリングでシステム構築できた

        (導入の効果)

        • 工場内に数多ある工作機械の、「どのくらいの時間」「どの製造部門」「どのライン」「どの設備」で「どれくらいのエネルギー」を使用しているを把握できるようになったため、エネルギー削減に対する具体的な施策を立てることができ無駄な稼働がなくなった→電力エネルギー消費によって発生するランニングコストを低減できた
        • 稼働時間の可視化により、工場の効率的な生産管理を策定する重要な情報を簡単に取得できるようになった
        • その他のデジタル化した工作機械と同様の管理が可能なため工場内全ての
          ページ先頭へ

          活用事例2:マテハン向け冷蔵庫のIoT化による品質向上

          (課題)

          マテハン向けの冷蔵庫を提供しているユーザーより運用中に温度が保持できているかがわからないとの意見をいただく

          (要素技術・役割分担)

          • デバイス:温度センサー付きGPS端末
          • ネットワーク:3G
          • クラウド:ユーピーアールのパッケージASP

          (ユーピーアール選定ポイント)

          • 温度センサーと通信モジュール・GPSが一体となったデバイスの提案が可能
          • 全て既存システムのカスタマイズで実現したため製作コストがどの企業より安価
          • 冷蔵庫、デバイスの電源の共有や取得温度帯に対する機器動画に関してアドバイスできた

          (導入の効果)

          • 運用上の開閉等で温度逸脱が起こっており、商品事故が起きる現場状況を把握できた
          • 運用上の温度上昇の場面がわかったため業務マニュアルの改訂により現場対応の改善ができた
          • マテハンとしての冷蔵庫の偏在を付随していたGPSで管理できるようになった
            ページ先頭へ

            活用事例3:農業向けIoTによる屋内野菜栽培運営

            (課題)

            新たに農業部門に進出した企業が特殊な条件による栽培の管理方法を検討したい

            (要素技術・役割分担)

            • デバイス:温湿度センサー、風速計、CO2センサー、pHセンサー、導電率(電気伝導率)センサー
            • ネットワーク:3G
            • クラウド:ユーピーアールのパッケージASP「なんモニ」

            (ユーピーアール選定ポイント)

            • 農業において必要な複数のセンサー情報のネットワーク化を知識の無い企業に対してコンサルティングできた
            • パッケージシステムを交えた提案をすることでトータルの導入コストが安価
            • 現場でのセンサー設置、通信環境の確認等まで相談に乗ることができた

            (導入の効果)

            • 農業を行う上でできる限り人的リソースを割きたくなかったため、遠隔監視により定期巡視が不要になり、メンテナンス性が向上した
            • プラットフォームにデータを集積することで、最も良い環境の維持を分析しやすくなった
            • 計画的な運営、栽培が可能になるためコストダウンに繋がった
              ページ先頭へ

              活用事例4:介護向けIoT サービス付き高齢者住宅での見守りシステム

              (課題)

              離れてくらしている家族に対して、安心できる環境を提供したかった

              (要素技術・役割分担)

              • デバイス:モーションセンサー、WEBカメラ、GPS端末
              • ネットワーク:3G
              • クラウド:ユーピーアールのIoTクラウド「UPR OCEAN」

              (ユーピーアール選定ポイント)

              • 広くパートナーとの協業が可能であるため、既製品でサービスに適したWEBカメラや見守り端末の選定ができた
              • GPS端末を自社サービスで所有しているため屋内から屋外までシームレスに見守ることが可能
              • 汎用的に利用できるIoTクラウドを運用しているため複数でかつフォーマットの異なる複数のデータを1つのアプリケーションで利用できた

              (導入の効果)

              • 離れて暮らす家族が親の無事をいつでも確認できた
              • 屋内のみの見守りではなく、万が一外出した際でも安否が確認できた
              • 施設としての信頼があがり、入居者が増えた
                ページ先頭へ